So-net無料ブログ作成

Eagle M9 Mag Pouchに6Pは入るのか!? [マグポーチ]

さあみなさんお待ちかねの実験コーナーです。
きっと誰も気にしてないと思いますが、

イーグルのM9ポーチにシュアファイア6Pが入るのか!?

を、いよいよここで世紀の実験開始です。

今回は無謀にも、輸入祭にてゲットしたコヨーテブラウンとマルチカムのポーチを贅沢に
使用しました。
比較対象としてまずはマルイのMEUとGlockのマガジンを並べてみました。
大きさ的にはいい感じですね。マルイのマグはサイズがかなり実物に近いと思いますので当然かもしれませんが[ダッシュ(走り出すさま)]
それでマグポーチはさすが実戦用だけあって本当にしっかりと縫製されてます。生地の固さも適度にありますので変にへたることなく、確実にマガジンをドローできそうです。
マルチカム柄は使われる生地の場所によって明るめになったりするもの(EMDOMのGPSポーチとかがそうでした)がありますが、概してEagle製品は暗めの目立たない色合いであることが多いみたいです。(個人の感想です。)
コピー品はわかりませんが、さすがEagle製は違うと思える1品です。
まずは本来の用途(マグポーチね)としてお薦めします。
6p00.jpg

次にこのポーチ本来の役割、マガジンが入るのかやってみます(入って当然なんすがね笑)
内部は下に行くほど狭くなりますが、特に抵抗なくすんなり入りました。MEUのは薄いので上部はぶかぶかって感じですが、フラップを閉めればばたつくこともありません。
Glockマグは分厚いですが、これもしっかり入ってくれます。フラップも問題なく閉まります。
(私のはマグバンパーがついていますので余計に長くなってます。)
6p01.jpg


ではいよいよ、本来のマグポーチの用途でなく、シュアファイアを入れるために買ってしまった哀しい中年の夢が果たして叶うのか!? 6Pに登場願いましょう! かかってこい!
早速並べてみます・・・
ちなみに6PはLEDのディフェンダーバージョンです。話がそれますが、6Pは現在ヘッド自体が一体化してしまい、バルブを交換する方式ではなくなりました。(6PXというみたいです。)
私のは6PDLで、ヘッドがストライクベゼルになっているものです。もちろん120ルーメンのLEDですよ。
この6PDLのおいしい所は標準でZ59のテールスイッチがついていることです。(別売りだと4千円くらいします) このスイッチはクリック式でOn/Offすることができるので指で押しっぱなしにしなくても点灯できます。さらにストライクベゼルはいざっていう時に「えいッ」と暴漢を撃退できるかもしれません(そういう目には遭いたくないですが[あせあせ(飛び散る汗)])・・・
話を戻して、写真を見ましょうって、あ[がく~(落胆した顔)]あれ!?
うぐ! ちょっとでかくね!? でも長さ的にはよさそうなんだけど・・・ 
6p02.jpg

この日のために一生懸命バイトして年下の店長に叱られながらも頑張って貯めたお金でM9ポーチ2つも買った中年ニートが泣き崩れた、衝撃の結末を知りたい方は続きをどうぞ! 爆

続きを読む


タグ:MULTICAM Eagle M9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます