So-net無料ブログ作成
ピストルマグポーチ ブログトップ

VOLK QHMU POUCH Multicam [ピストルマグポーチ]

久しぶりの更新になりますね。お元気ですか?

久しぶりの今日はなんと! 日本発の世界のタクティカルギアメーカーといわれるVOLKから
ハンドガンマグポーチを購入しましたのでそのご紹介です。

マルチカム製品はずっとEagleやDBTを中心にわざわざ手間と高い手数料を掛けて輸入しておりましたが、なんで急に国産に手を出したかといいますと、単純に気に入ったデザインのピストルマグポーチがなかったからです。

私のハンドガンは間違って買ってしまった(詳細はご本家のブログをご覧下さい)マルイのグロック17なんですが、マガジンをなんと4本も間違って買ってしまい、4本が収納出来る物をと探したのですが、EagleやDBTでは1本用や2本用、多くても3本用しかなく、私としてはどうしても4本をひとつのポーチに入れられる物が欲しいと思っていました。ちなみにHSGIには4本用がありましたがデザインが私の求めているものではなく、候補から外れました。なんとか自分が求めているピストルマグポーチを見付けようと捜索範囲を広げたところ、じつは国内にあったというわけなんです。

全体像です。前面にマガジンを4本収納できます。
20090613_000.jpg

背面にはマリスクリップがあり、これで取り付けします。
20090613_001.jpg

このポーチの特徴とも言えるのがマガジンの収納です。一般的な物は横向きに収納しますが、こちらは縦に入れることができます。(もちろん横でもOKです)
縦にマガジンをいれる事によって隣同士の干渉を無くし、取り出しやすくなっています。
20090613_002.jpg

テンションが掛かっていますのでフラップを開けたままでも簡単には落ちないみたいですが、私は念のためゲーム中も閉めておこうと思っています。
20090613_003.jpg

このポーチにはさらに収納スペースがあり、ジッパーで開閉ができます。ジッパーにはスカルビーズが付いてます。
20090613_006.jpg
20090613_009.jpg

収納スペースにグロックを入れて見ました。
20090613_007.jpg

一見よさそうですが、走り回っているうちに失くしそうです。
20090613_008.jpg

最後に作りをEagleやDBTと比べてみた感じですが、パイルアンドフックのループ部が毛羽立ちし易いと思いました。舶来と比べてVOLKのはパイルアンドフックが柔らかい感じがします。なのでベリベリやってましたら毛羽立ってきてしまいました。
ただ全体的にはデザインを気に入っていますので使い込んでいこうと思っています。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
ピストルマグポーチ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます